無印リノベ①独身会社員が中古マンション購入&リノベーションを決めたきっかけ

My Home

 

独身の普通の会社員なのですが、この度、中古マンションを購入して無印でリノベすることにしました。

2021年2月中旬に初めて資料請求をしてからどんな流れで進んでいったのか?時間が経つと全部忘れてしまいそうなので記録することにしました。

 

 

 

スポンサーリンク

無印でリノベすることを決断したきっかけ

思い返してみると、数年前から「理想の部屋に住みたい」とか「家を買ってみたい」とか「リノベーションしてみたい」という気持ちは持っていました。

でも「いつか実現させたいな〜」くらいの温度で、普通に賃貸暮らしのまま過ごしていて。

 

それが具体化した大きなきっかけは、今の仕事を辞める決断をしたことです。

退職するなら転居もしたい、賃貸を探してみたら素敵な部屋はすごく高いし、それならもういっそ買ってしまうのもありかも?と考えるようになりました。

 

現在、正社員として朝から晩まで働いていますが、次はゆっくり自由に働く予定なので、住宅ローンを組むなら安定している今がいいなとも思いました。

 

このとき、参考程度に『無印良品のリノベーション』の資料請求をしました。

一番最初に賃貸の部屋を探していたときに『MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト』を見つけて興味を持ったことをふと思い出して。

 

でも当初はリフォーム済みの中古物件を買って住もうとしていたので、「おしゃれな内装が見れたらいいな」くらいの軽い気持ちでした。

 

この頃は「不動産業者の売主物件ならリノベ済みで仲介手数料もかからないしすぐ住めるしいいな」って気持ちが強かったんですよね。

それでまず、3月中旬に東京のワンルームを見に行きました。

そうしたら、たしかに一部はおしゃれで感じが良かったのですが、フルリフォームではなかったのでリノベ前と後のテイストが混在していてなんとなく残念な感じで、しかもあまりの狭さにがっかりしてしまって…。

 

この一件で、「いっそ安めの物件を買ってリノベーションをした方がいいかも」という思いが生まれました。

 

 

 

心惹かれていったわけ

その後。改めて無印リノベのパンフレットを読んでみたら、費用はけっこうかかるものの、スケルトンリフォームで全部新しく作り直せるし、機能性や使いやすさにもこだわっているし、デザインは安定の無印…といったように、魅力が多い!興味が増していきました。

 

それで一度MUJI HOUSEの開催しているセミナーを受けてみたくなって、3月下旬にオンラインの無料個別セミナーを受講しました。

それがまたすごく良かった!

セミナーが終わる頃には「MUJI HOUSEでリノベした良い感じの理想の部屋に住むんだ」と決意が固まりました。

 

こんな流れで、今の目標は、半年後(秋頃)にはMUJIリノベのマイホームに住むことです。

 

これを書いている4月1日時点ですでに物件探しで紆余曲折あって本当に目標が叶うのかはわからないのですが、とりあえず行けるところまで行きたいと思います。

 

もしよかったらお付き合いくださると嬉しいです。よろしくお願いします。