「肌にほぼ何もしないスキンケア」ゆるく肌断食を約2年間続けてみた感想(とその後の結論)

Minimalism

(2020.12.13追記 最終結論が出ました

「肌には何もしないこと」「肌断食」「シンプルケア」が肌に良い!と噂には聞くものの、これらは本当に大丈夫…?本当に肌に良いのか?

 

〜2年ほどゆるく実践してみた私(海外暮らしノーファンデ生活のアラサー)の感想〜

 

意外と平気だな。それにラク。肌がめちゃくちゃ美しくなるってわけでもないけど、さらさらで快適だし、ニキビができなくなった。乾燥はするけど。

 

スキンケアをやめてみて感じたメリットは、「ニキビが発生しなくなった」「何もつけていない肌がさらっとしている」「なんとなく肌が安定している」こと。

でも、正直、かさつきやごわつき、角栓の詰まりなんかは気になるときはありました。

 

 

スポンサーリンク

何もしないスキンケアに目覚めたきっかけ

 

ここに至るまでに、ニキビ、べたつき、毛穴の開き、黒ずみ、赤み、くすみ、かゆみ、ビニール肌、乾燥、角栓の詰まり、乾燥による粉吹きなどの肌トラブルは一通り経験しました。

基本的に肌が弱いというか敏感なようです。

 

 

なのに思い返せば20代の頃は、がっつりメイク・メイク落としオイル→普通の洗顔料(ダブル洗顔)・化粧水→乳液→美容液・パックにスクラブにエステ通い・・・と今思うと本当に過剰に肌をいじっていました

そのせいもあって、肌が荒れたりマシになったり悪化したりと不安定だったのだと思います。

 

これを見直すきっかけとなったのは、手術のために入院して強制的に一切のスキンケアを辞めて一週間ほど過ごし、落ち着いてきた2週目に美白化粧水を塗ったら肌が真っ赤に荒れたこと。

顔中がただれたような見た目になり、痒みもひどく、かなりショックを受けたし驚きました。

 

体の免疫力が下がっていたことも原因の1つかとは思いますが、そのときに「スキンケア商品って本当に肌に良いのかな?」と疑い始めました。

そしてこの本を読み、感銘を受け、「肌に何もしないこと」をやってみようと決意。

 

 

 

ただ、この時点ではひどい肌荒れの真っ只中だったこともあり、いろいろと使ったりやめたりと完全に迷走していました…。

 

 

過剰なオーガニック信仰にハマって肌状態が悪化

 

汚肌の原因を探っているときにハマりやすい罠の一つに過剰なオーガニック信仰があります。

スキンケアアイテムを選ぶときに一番大切なのは、それが本当に自分の肌に合うか合わないか?使っていて心地良いかどうか?だと思っています。

 

ですが当時の私は「オーガニック」「無添加」「天然」といった言葉にすっかり惑わされており、有名なマジックソープでの洗顔をスタート。

結果的に、洗浄力が強すぎたようで頬全体に赤や白のぶつぶつが大発生してしまったのですが、原因にはなかなか気づけませんでした。

なんせオーガニックという言葉を信じきっていたので…。

 

しかし食生活に気をつけても、睡眠時間を確保しても、寝具を清潔にしても、皮膚科に通っても、シャンプーを変えても、洗濯洗剤まで変えても治らない。

もうここまでしたときに、ハッとしました。「そもそも洗顔料が悪いんじゃないか」と。

思い切ってマジックソープでの洗顔を辞めたら、だんだんと肌が回復していくのがわかりました。

 

別の時期には、ワセリンが無添加で良いと聞いて顔の保湿に使っていました。

ですが、ベタベタとして密閉感があり、しかも肌状態が一向に改善しないままなので辞めました。私には合わなかった。

(上で紹介した本にも良いと書いてあったので、本の内容を信じ込むというよりは“とりあえず試してみて、合うなら採用!合わないなら辞める!”というスタンスで取り入れるのがいいのかなと思いました)

 

 

また、悪いものが入っていないという無添加の日焼け止めも一時期使っていましたが、使用感が重く伸びが悪く、そのうち毛穴に詰まって白く浮き上がってくるような見た目になってしまい断念。

 

 

こういった経験を経て、最終的に、「たしかに良い成分かもしれないが、オーガニック系はイメージは良いけれど肌を良くする万能薬ではない」と身を持って実感しました。

 

 

現在のシンプルケア

使っているアイテムは3つだけ。

 

  • 肌に優しい洗顔用石鹸
  • 日焼け止め
  • (たまに)クリーム

 

(※最初は本当に保湿を一切していなかったのですが、乾燥で粉を吹いて痒くなってしまったときがあり、たまーにクリームを使うようになりました。)

 

 

具体的な方法は以下の通りです。

 

<夜>

泡立てた石鹸の泡で優しくさっと洗い、よく流す。
乾燥で痒くなったらクリームを薄ーく伸ばす。

 

<朝>

水で軽く洗って、優しくタオルで水分を取る。
その後、そのまま日焼け止めをつける。

 

 

シンプルケアにしたことによる精神的な変化

 

昔の私は、シャワーを浴びる前にすごく億劫さを感じていました。

なぜかというと、手を洗ってオイルでメイクを落として泡をもこもこにして洗顔してその後のスキンケアは化粧水を塗って時間を置いて乳液も塗って…と多くのステップが待ち構えていたからです。

なので面倒に感じて先延ばしにして結局寝落ちしてしまったり、夜更かししてしまったり…。これも肌荒れの原因の一つだったんだと思います。

 

さらに「ダブル洗顔しなきゃだめ」「朝も泡洗顔しなきゃだめ」「保湿は何度もしなきゃだめ」といった情報に踊らされて自分にいくつもの義務を課してしまっていました。

その呪縛から解放された今ではさくっとシャワーを浴びたりさくっと身支度に取り掛かったりができるようになりました。

 

まとめ

 

スキンケアを辞めて2年経った今は肌がさらっとしてニキビができなくなった。とても楽な状態で、ゆらぎが少なく安定感がある

 

ただ「ものすごく美肌になった!」とかではない。乾燥やごわつき、毛穴が気になるときがある。でも基本的にはノーマルな肌、という感じ

 

※ただし、肌の状態は、元々の肌質、食事、睡眠、ストレスや肌への接し方(擦ったり紫外線を浴びたりしていないか?)や使ったアイテムにも左右されます。

なので、今回の私の体験談はあくまで「日焼け止め以外ほぼメイクをしてなくて、紫外線の強い地域に住んで、日本食を食べていなくて、睡眠はわりと取っていた私の場合の結果」となります。

もし、もっと肌を気遣って生活していたら、上記の結果も変わっていたのかもしれません。

特に「紫外線ケアと、使用アイテム選びにもっと注力していたら、より良い結果になったのかも?」と思っています。※

 

みなさんが健康な素肌を手に入れられたら、心から嬉しいです。

 

 

(2020.05.21 追記)

新しい記事を書くにあたって、赤ちゃん時代を除いて人生で一番綺麗な肌状態だった高校時代を振り返ったのですが、

美肌のためには与えるケアよりも、「紫外線から肌を守ること」や「摩擦や刺激を避けること」「汚れを必要な分だけ落とすこと」「食事睡眠などの生活習慣」の方がずっと大事なのかも…と改めて思いました。

トラブルニキビ肌を劇的に綺麗にした8つの方法はこれでした。敏感肌の体験談

そして現在、日本に帰国して毎日メイクせざるを得ない環境で30代を過ごしており、スキンケアのアイテム選びなどで迷走しています。

また自分の肌で実験してみて、結論が出たらシェアしたいと思います。

 

 

(2020.12.13 追記 ※ここを一番読んでほしいです…!!※)

その後。

再び日本で暮らしていくうちに、どんどんと美意識が高まり、肌断食中の肌(ニキビはできにくいものの毛穴のつまりや色ムラ、乾燥の感じられる状態)では満足できなくなりました。

それに加えて、なぜか追い打ちをかけるように毛穴の開きや赤みや黒ずみなどが目立つようになり、再び「もしかして保湿した方がいいのでは…」と迷走していろいろと手を出しては悪化する…という地獄のループに陥ってしまいました…。

(これ人生で一体何回繰り返すんでしょうか…。)

 

はっきりとした原因はわかりませんが、その時々でアイテム選びを間違えたり、日々のストレスだったり、「メイク用品やクレンジング剤は肌に負担をかける」という思い込みがそうさせていたのかもしれません。

 

そこで医療の力に頼ったのですが、初対面の人に「肌きれいですね」と言われるくらいに超回復しました…!!

具体的にいうと「自分としてはまだ細かい部分は気になったりもするけど、鏡でまじまじ見てきれいになったなあと思えるし、満足もしてるし、ぱぱっと簡単なメイクで全部隠れるからまぁいいか」というような状態です!!

 

こうして肌悩みをなくしてくれたのは、ゼオスキンヘルスによる肌治療でした。

ZO SKIN HEALTH | ゼオスキンヘルス
ゼオスキンヘルスのWEBサイトです。ゼイン・オバジが本当につくりたかった化粧品。スキンケアの分野で正解的に高い評価を得てきた、ゼイン・オバジ。彼は、35年以上にわたる研究から、“ZO SKIN HEALTH Circle”というスキンケアの新たな枠組みを誕生させました。

 

ゼオスキンヘルスとはドクター・オバジというお医者さんが開発した、肌を治療するスキンケアコスメです。

 

私はこちらの皮膚科の先生の動画で知りました。

 

他にもモデルさんやYouTuberの方々が口を揃えて「効果抜群」と言っていたので、藁にもすがる思いで治療に踏み切りました。

 

このスキンケア、

・高い

・皮が剥けて痒くなる時期がある

・一部のクリニックでしか取り扱っていない

となかなかにハードルが高かったのですが、心の底から「やってよかった…」と思っています。泣

自分の肌にもスキンケアにも悩んでどうしようもなくなった人はやってみてほしい…!!

 

治療プランがいろいろあってわかりにくいのですが、“セラピューティックプログラム”という美しく健やかな肌をつくることを目的としたプランがあって私はそれにしました。

 

以下の4つのアイテムを使っていました。

・バランサートナー(化粧水/朝晩)

・ミラミン(クリーム/朝晩)

・ミラミックス(クリーム/晩)

・トレチノイン(その都度少量処方されるクリーム/晩)

これでたしか4万円くらい。

トレチノインはなくなったらその都度買い足す形です。

 

支払いのときはさすがに「高いな〜」と思ったのですが、治療が終わってからは「もはや安かった!!」と思いました。

 

キレイな肌でいられることの喜びや安心感はプライスレスです…。

見た目もそうだし、触ったときの肌がしっとりふっくらしていて、「もうザラザラボコボコじゃないんだ…」と感動します。

 

さらに、「何が悪いんだろう?どうしてこんなにひどくなっていくんだろう?」という苦しみと、「これは使っても大丈夫かな…これは刺激が強そうだからやめておこうかな…」という恐怖心からすっかり解放されて、「メイクしてようがしていまいが肌荒れにはそこまで関係ない」と思えるようになり、メイクも大好きになりました。

 

 

あと、ゼオスキンの治療を始める前には皮剥けとか痒みとか心配してましたけど、セルフで謎に肌荒れ(終わりも出口も見えない)してたときの方がよっぽど辛かったので余裕でした。

「これによって改善に向かってるし終わりが見えてるしなー」って健やかな気持ちで乗り切れましたよ。

 

見た目の面では、結構カサカサボロボロ状態になったときもありましたが、今はマスクがあるし、カバー力あるファンデ厚塗りしてたら案外大丈夫でした。

 

合う合わないとか個人差ももちろんあるとは思うのですが、かなりのわがまま敏感スキンを持つ30代の私でも

・出費は4万円〜5万円前後

・期間は3ヶ月前後

で変われたので、肌のことで苦しんでる人には本当におすすめです…!!

 

肌断食の記事なのにごめんなさい。

スキンケア迷走歴十数年・肌断食歴2年・ゼオスキンヘルス歴4ヶ月の私個人の現在の結論としては、こんな感じです。

 

肌断食をしたからといって美肌になるわけではない
どうしようもない肌の悩みを解消したい人には、ゼオスキンヘルスが断然おすすめ
いろいろと試してみて、もう肌断食はやめることにしました
ゼオスキンヘルスでの治療が終わってこれから先は、適度に保湿を続けていきたいと思っています。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
肌のことで悩む人が減ってほしいと願ってますので、質問などありましたらお気軽にどうぞ。

  1. ゼオスキンヘルスは
    これからもずっと続けていくのですか?
    化粧水なくなればまた数万だしてますか?(*_*)

    • ゼオスキンヘルスは、最初に購入した一式が終わったら一旦終わりにしようと思っています。
      とりあえずゼオスキンでできることはやりきったかなという感じですね。
      今後は、レーザーでニキビ跡を薄くしたり、顔の脱毛を再開したりする計画を立てています!
      (ゼオスキンでは深いニキビ跡にはアプローチできないとお医者さんが言っていて、確かにクレーター的なニキビ跡は残っています)

  2. お返事ありがとうございます!(^o^)
    アトピーは薬を塗ってなければ行っても良かったですかね?あまりおすすめでなかったですかね?(*_*)すみません色々!

    • コメントに気づくのが遅くなってすみません!私は簡単に肌が荒れてしまうタイプなのですが、アトピーではないため、そっちは詳しくなくて…お役に立てず申し訳ないです…。まずは自分に合う皮膚科を見つけるのが良いかと思います!ネットで調べて良さそうな皮膚科をピックアップして電話掛けていろいろ聞いてみるのもいいかもです。