カナダワーホリ国内で都市移動したらすること3つ(失敗談から)

Canada

こんにちは。昨年カナダから帰国したつるです。

ワーホリ中に突発的にトロントに引っ越したときの自分の失敗談とまわりに聞いた話から、移動後に済ませておくと良さそうな3つの項目をピックアップしました。

 

カナダ国内で移動する予定のある人に役立つ情報があったらうれしいです。

 

 

Sponsored Link

①スマホの電話番号の変更

 

カナダでは住所が別の市に変わったら、電話番号も丸々変える必要があります

 

なぜなら広い国土を持つカナダ、市内と市外では電話番号の利用料金が異なります

 

契約しているプランにもよるかもしれませんが、市内なら何時間でも通話・テキスト共にフリーだけど、市外だったらプラス料金かかってくるらしいです。(トロント在住のホストマザー談)

 

それを当時まったく知らなかった私はビクトリアから普通にトロントへショートメールを送ってしまっていました。(大きな金額ではなかったですが)

 

 

新しい番号にする方法

 

まずは契約している通信会社に問い合わせましょう。手段はメールでも良いですし、店舗が近くにあれば直接聞きに行くのも早いと思います。

 

私は Phonebox という会社で契約していて、店舗が遠かったのと夜だったのもあってメールで問い合わせをしました。(“I moved to Toronto, so I’d like to change my phone number. How should I do?”みたいな感じで。)

 

すると翌日、Phoneboxから“Your number has been changed.(647)-XXX-XXX.”とテキスト(ショートメール)が届いていました。

店舗に行かなくてもあっさり新しい番号をもらえたのが便利すぎて感動しました。もしまだ携帯通信会社が決まっていない人がいたら、Phoneboxをおすすめしたいです。

 

私はたまたまエージェンシーで簡単に契約できるのでここにしましたが、このように変更や解約などの手続き関係全般がスムーズに済むし、安いし(通話テキスト共に市内フリーで月に2000円くらいだったような)、対応も良かったので。

 

 

使用期間を最初の契約の際に自分で決めるんですが、どのくらいカナダに住むか不明だったので5ヶ月くらいに設定しまして、それをすっかり忘れていた5ヶ月後に「もうすぐ契約が切れるけどこのまま解約で大丈夫?」と電話がかかってきました。

この一報がなかったらカナダ国内にいるのにスマホが使えなくなってしまうところだったので助かりました。

 

②銀行・図書館利用カードの住所変更

 

これをしないと前に住んでいた家に郵便物が届いてしまいます

 

知り合いはライブラリカードの住所変更をせずに過ごしていて、本を返し忘れてしまったときに返却催促状が以前ホームステイしていた家に届いてしまっていたらしいです。

 

図書館で借りたものの返却期限を過ぎてしまうと一日ごとに罰金が発生するのでホストファミリーに心配と迷惑を掛けてしまったとか。

 

また、個人的な請求書などが書面で届くこともないとは言い切れないので、面倒ですが変更しておきましょう。大変なことになったらより手間がかかってくるので。

 

 

住所変更の方法

 

銀行に登録してある住所は、オンラインで変更できる場合が多いです。

 

図書館のカードは私の場合トロントの住所で作成したのでわからないのですが、 オンラインのウェブサイトでサインイン、もしくは直接窓口ででしょうか。(窓口の場合は個人のIDや住所証明が求められそうな気がします)

 

 

③オトクな交通カード・フリーパスの入手

 

引っ越したばかりだと、家や仕事を探しにいろいろな場所に出向く機会が多くなると思います。

頻度にもよりますが、交通カードや定期券などを最初にゲットしておくと、その都度交通費を支払うよりは結果的に安く済む可能性があります。

 

 

私は「まだどれくらい移動するかわからないし」と購入を後回しにした結果、お金も損した上に時間も手間も余計にかかってしまい、「引っ越してすぐの駅からホームステイ先に移動する一番最初のタイミングで買っておけば良かった…」と後悔しました。

どっちみち観光や買い物に行く際にも使えますので、買っておけば楽だと思います。

 

 

ちなみにトロントの場合は“メトロパス”

 

 

バス・電車が主な移動手段であるトロントでは、TTC(トロント中心部の交通を網羅している会社)のメトロパス(バスにも電車にも乗れる、月ごとのフリー定期券)を月初めに入手しておくと便利です。

 

 

メトロパスの入手方法

 

TTCの駅構内や、metroというスーパーマーケット内で購入できます。スタッフに尋ねてみましょう。購入の際には、セカンダリー(学生用)かアダルド(普通の大人用)か聞かれる場合があります。

 

ただ、語学学校に通っている人は学校でも買えるらしいです。(語学学校に行っていた友人談)

 

余裕がある人向けの方法はこちら

 

トロントにたくさん存在している留学斡旋会社、エージェンシー(だいたいダウンタウンにある)はメトロパスを割安で販売しています。ただ、予約しに行って別日に受け取りに行く必要があったり、安く手に入るとあって人気なのですぐ売り切れてしまうようです。

 

また、e-Maple掲示板では帰国前の人なんかがメトロパスを売りに出しています。タイミングが良ければお得にゲットできるかも。時間と手間がかかっても大丈夫だから安く買いたいという人にはこれらの方法もおすすめです。

 

まとめ

カナダ国内で引っ越しをしたら、

  1. スマホの電話番号変更
  2. 銀行とライブラリーカードの住所変更
  3. 交通カードの入手

をしておくことをおすすめします。

 

参考になれば幸いです。