カナダトロントでおすすめのタイレストランPAIに行ってみました

Canada

こんにちは。食べることが大好きなつるです。

 

トロントで人気&有名なレストラン、タイ料理といえばここ!PAIです。

 

Pai

 

ワーホリ中に行ってみたのでご紹介します。

 

 

 

結論から言うと、すっごく良かったです。

 

美味しい+お手頃価格+雰囲気最高の3拍子が揃っています。

 

おすすめ!

 

 

Sponsored Link

外観からエントランス

 

 

 

 

この外観からしておしゃれ!個性的!テンション上がります。

 

場所は大通りではないのですが、この看板がわかりやすいので見つけやすいかと思います。

 

外まで人が並んでいるときもあるようですが、この日は時間が早めだったからか、予約なしでもすんなり入れました。

 

 

 

 

ドアを開けると、下に降りる階段につながっています。

地下に入るのにワクワクです。

 

画像中央の黒板が置いてある小さいカウンターにレセプションスタッフがいて、人数を伝えると席に案内してくれます。

 

 

店内の様子〜料理

 

 

 

こちらはカウンター席方面。

 

 

 

こちらは店内中央の席から出入り口側を見たところです。

 

 

統一感がありつつもごちゃっとした感じがたまりません。

まるで東南アジアにいるような雰囲気です。

 

店内のお客さんも多国籍。

グループも、友人同士・カップル・ファミリーなどさまざまで、現地の人たちに人気な様子が伝わってきました。

 

 

 

 

メニューはたくさんあって迷いましたが、カレーと肉が食べたかった私は、この ”Gaeng Masaman with braised beef”(16ドル)を注文しました。

 

 

スタッフの人たちの感じも良く、高感度アップしっぱなしです。

 

 

 

そして出てきたのはこちら。

 

 

丸い芋と肉がごろごろ入っていて食べ応えあり、味も美味しい!

タイライスも山盛りで美味しくて満足です。

 

 

“Gaeng” “Masaman”というのは、それぞれタイ語で”タイカレー””イスラム教の”という意味があるらしく、イスラム色の強いタイカレーのことを指すそうです。

 

具体的には、

じゃがいもやニンジンと肉を、シナモンや八角などのスパイス、ココナツミルクなどで煮込んだタイ・カレーの一種。

(世界の食べ物辞典 https://world-food.info/massaman より引用させていただきました)

とのこと。

 

 

ちなみに”braised beef”は、油で炒めてから少量の水を加え弱火で蒸し煮にした牛肉のことで、それが具材として入っていました。

 

 

 

また、一緒に行った友人はパッタイを注文していましたが、こちらも美味しい上に量が多くて大満足!とのこと。

(食べ切れずにテイクアウトにしてもらっていました)

 

 

アクセス

 

 

 

営業時間

 

公式サイトによると、月曜日〜木曜日は 11:30〜22:00 、金曜土曜は 11:30〜22:30 、日曜日は15:00〜22:00とビジネスアワーがそれぞれ異なっています。

 

また、

PAI WILL BE CLOSED FOR ALL STATUTORY HOLIDAYS.

ということで、パブリックホリデーは営業しないそうなのでお気をつけください。

 

 

最後に

 

 

PAIってタイ語で何か意味があるのかな?と調べてみたら、「行く」という意味があるそう。

 

友達同士でももちろん、適度に賑やかで適度に薄暗いのでデートにも向いていると思います!

 

ぜひ皆さんも行ってみてくださいね。

つるでした。