ニュージーランドワーホリ費用公開(健康診断費〜丸1ヶ月生活費)

NewZealand

こんにちは。ワーホリ2カ国目のつるです。

 

旅の資金は人による差が激しい部分でして、周囲を見渡してもピンからキリまでまちまちです。日本でたっぷり貯めてから来る人もいれば、必要最低限で来る人も。

 

今回は、ニュージーランドにワーホリに来るのに実際いくらかかったのか具体的にお伝えします。一つのケースとして参考になれば幸いです。

 

(※2018年12月 1ニュージーランドドル=77円で計算しています)

 

 

 

 

まずは渡航前(ワーホリ申請から準備まで)と渡航後(NZに1ヶ月間滞在。移動多め)で分けて見ていきます。

 

Sponsored Link

渡航前にかかった費用・・・161,985円

 

必ず必要なお金

  • ビザ申請                                                                 無料
  • 健康診断費用(X線検査)                         11,560円
  • 成田-オークランド航空券(片道)    約70,000円
ニュージーランドワーホリは何と言っても申請料がかからないのがありがたいですね。手続きもすべてオンラインで完結します。いくつかのサイトを見ながら自力でできました。
健康診断は、最寄りの病院が東京の聖母病院(対応曜日・時間などの詳細はリンク先に書いてあります)だったので、電話で確認・予約してから行きました。
院内はキレイだしキリスト教っぽい雰囲気が素敵でした。診察料はクレジットカード払いもできます。ここにして良かったです。
航空券は楽天ポイントを使いたかったので今回は楽天トラベルで予約しました。

個人差の大きい項目

 

  • 保険代            16,425円
  • 聖母病院までの交通費       2,000円
  • 旅行用品代          30,000円
  • 成田空港までの交通費       2,000円
  • ボランティア申請+活動費   30,000円

 

保険ですが、留学・ワーホリのサザンクロスで紹介されていたobitという現地保険会社を選びました。ファームで働かないプランで2−3ヶ月(うろ覚えですみません…)の保証です。

どれくらい滞在するか迷っていたので、とりあえず短い期間入っておきました。

 

買い物代が結構かかっているのは、いろいろと新調したからです。具体的には、スーツケース・ポータブルダウンジャケット・リュック・スリッパ・ボトムスなどです。

 

ボランティアについては、日本から事前にオンラインで申し込んでおいたので、その仲介手数料+謝礼などで上記の値段となりました。

 

それでは次にニュージーランドに到着してからかかった費用を見ていきます。

 

 

入国後(丸1ヶ月)で使った金額・・・124,305円(1660.07ドル)

 

 

ホームステイをしたり、3都市くらい移動したりしているので、わりとかかっている方かもしれません。ただ語学学校に行かないのでその浮いた学費の分は大きいです。

 

 

 

移動・滞在・生活費

 

  • スマホのSIMカード購入+2ヶ月の契約      3,850円(49ドル)
  • オークランド空港〜ホームステイ先 バス移動費 1,930円(25ドル)
  • ホームステイ費用2週間            37,040円(480ドル)
  • ロトルア一泊宿代               2,315円(30ドル)
  • ロトルア〜ウェリントン バス移動費      2,470円(32ドル)
  • ウェリントン一泊宿代             4,200円(53ドル)
  • ウェリントン市内交通費            1,160円(15ドル)
  • ウェリントン家賃3週間分+ボンド       58,590円(785ドル)
  • 食費+雑費                  8,328円(111.22ドル)

 

 

私はSIMフリースマホを日本から使っているので、オークランド空港でSIMカードをゲットして契約もしてしまいました。旅のはじめにこうしておくととても楽だし安心感があります。

 

Sparkのトラベルプラン

Vodafoneのトラベルプラン

 

そのときはまだ長期で住むかわからなかったので、Sparkという通信会社の2ヶ月間使えるトラベルプランで契約しました。その後も必要だったらギガを購入することもできるらしいです。

 

(Vodafoneと比較して値段はそこまで変わりませんでしたが、町中のフリーWi-Fiがある方を選びました)

 

バス移動は、すべて InterCity (NZで有名なバス会社)を使いました。サイトやアプリが見やすくて予約しやすいし、安いし、次の予約が若干割引されるので好きです。

 

ウェリントンでの家賃の相場は200ドル前後のようです。

 

食事は普段はざっくりと自炊しています。

雑費にはトイレットペーパーやクリーンワイプ、ティッシュ、サランラップなどが含まれます。

 

 

その他

 

  • 外食費(3回) 3,428円(45.75ドル)
  • CVプリントアウトに使ったお金(図書館) 160円(2.10ドル)
  • CVコピー代(warehouse stationery)チャージ 225円(3ドル)
  • クリスマスカード購入+日本への送料 1,390円(18ドル)
  • クリスマスプレゼント 820円(11ドル)

 

 

外食費は一回だいたい15ドル前後かかりました。友人と食べに行ったので、交際費的な感覚です。

 

クリスマス時期だったのでイベント代もかかりました。ちなみに、一般的なカード(封筒入りの)だったら日本へ一通3ドルで送れますよ。

ポストカードならもう少し安くて、2.40ドルくらいです。

 

送るのは郵便物を持ってポストオフィス(郵便局)のカウンターに行って日本に送りたいと伝えてお金払うだけです。もしくは、コンビニや土産物屋さんで同じように伝えて切手を買ってポストに投函します。

届くのには10日前後かかりました。

 

 

CVのプリントアウトについて

 

おすすめしたいのはwarehouse stationeryです。楽だし安く済みます。

 

 

カウンター付近にある指定のメールアドレスにプリントアウトしたいデータを送るとスタッフが確認して印刷物を持ってきてくれます。一回一枚17セントでした。

 

そしてチャージしたコピーカード(カウンターで買えます)を使って、店にあるコピー機で複製します。簡単です。

 

もしUSBにデータが入っていれば最初から自分でコピー機でさくっとプリントアウトできるらしいです。

 

 

図書館で行う場合ですが、図書館の指定パソコン使用料金(15分で1.50ドル)を支払って自分でプリントアウト手続きをする→プリントアウト代(一枚20セント)を払って印刷物を受け取る。という流れなので、比べると少し手間とお金がかかります。

 

 

 

 

ということで、ワーホリ準備〜NZでの丸1ヶ月の生活費すべて含めたトータルの金額は、約 287,290円 でした。

 

 

 

私の場合、これらをほぼリゾバで約3ヶ月働いて貯めたお金(+少しだけカナダワーホリで稼いだ残りのお金)でまかなっています。

お金のことで迷っている人がいたら、日本でちょっと働いて、ぜひワーホリに来て楽しんでほしいと思います。

 

 

こっちに来てから一ヶ月。まだ仕事をしていないのでお金が出ていくばかりですが、これからどんどん仕事をして稼いでいくつもりです。

そしてその情報もみなさんにお伝えできればいいなと思います。つるでした。

 

 
<宿の予約にエクスペディア>

 


 
日本語コールセンター24時間365日対応が心強いのでよく使っています。

 
エクスペディアで格安宿を探す
 

<安心・安定のニュージーランド航空>
 


 
日本からのフライトはニュージーランド航空を利用しましたが、機内はとても快適でした。
 
【ニュージーランド航空公式】公式サイトなら最安価格保証