正社員だった私が円満に仕事を辞めるためにやって良かったこと2つ

Work

 

日本で正社員として働いていた時期の私は悩んでいました。

正社員として入って、しかも長く働いてないのに辞めるって言いにくいな…。でもなるべく円満に退職したい…。

 

気持ち的に「辞める」以外の選択肢はなかったので、探り探りでいろいろやってみました。

その中で効果的だったことが、以下の2つです。

 

 

Sponsored Link

信頼できる人に相談し、情報を得てから上司へ報告

 

物事には順序というものがあるようです。

なので、

  1. 親しい人に相談(情報収集)
  2. 上司に相談
  3. 本格的に退職の意志の報告

と段階的に退職のステップを踏んでいくとスムーズです。

 

 

昔の私は、正社員として入った最初の会社を退職するときにそれがまったくわかっておらず、1ヶ月前に突然「辞めます。」とその支店のトップに伝えました。

そのときはいろいろ揉めました。「急に困る。」と言われたり、何度も面談をしたり…。結果的には和解して温かく送り出してもらえたのですが、途中は苦しかったですね。

 

上司としても、あまりに急で本当に困ってしまう状況だったのだと思います。「これからはこういう仕事の分業も任せようと思っていた。」「もっと長く一緒に働けると思っていた。」という話もありましたので。

 

 

なので次に正社員を退職するときは、

  1. 仲の良い同期に相談
  2. 直属の先輩に相談(情報収集→今までに辞めた人はこういう時期の面談で上司に報告していた、など)
  3. 時期を見て上司に相談(という名の伏線張り)
  4. 退職の意志の最終報告(具体的な日程などの話へ)

というステップを踏みました。

このおかげもあったのか、結果的に円満に退職することができました。

 

 

辞める理由は次の夢や目標と一緒に伝える

 

もしあなたが上司だったとして、

  1. 「向いていないので辞めます。」
  2. 「トリマーになりたいので辞めます。」

という二人がいたらどう思いますか?

 

1の理由だと、説得を試みるなどいろいろと手を尽くしたくなるのではないでしょうか。つまり、それが良いか悪いかは置いておいて、引き止めやすいのです。

 

2の理由だと、もう本人の次に向かう先がはっきりしているので、「ここに残れ。」とは言いにくいと思います。

「そんなこと上手くいかない。」「難しいよ。」「通用しないだろう。」と言ってくる人はいるかもしれませんが、それも「でも挑戦したいので。」で通せば大丈夫です。

 

 

辞める理由は絶対に聞かれるので、次の夢がなければつくってしまいましょう。

 

嘘も方便です。ただその「次にやりたいこと」は興味のある分野に関するものが良いと思います。「具体的にはどうするの?」「それはどういう仕事なの?」と根掘り葉掘り聞かれる可能性もあるので。

 

さらに、ありがたいことに、この思いがブレなければ次の夢を応援してくれる人も現れる場合もあります。

 

 

まとめ

 

正社員が円満に退職するためには、

 

職場で親しい人に相談して情報収集してから上司に伝える
辞める理由は「次の夢・次にやりたいこと」と一緒に伝える

 

この2つが効果的です。

 

 

もしも「こんなの通用しなさそう…」という会社であれば、退職代行を使うという手もあります。

 

退職代行「EXIT」

こちら「EXIT」は業界最大手で、日本で初めて退職代行をスタートした会社。2500人以上の人がすでに利用していて、その退職成功率は100%だそう。

 

EXITが運営している「REBOOT」というウェブメディアに利用者の体験談も載っているので興味があればこちらも。

REBOOT - 「やめる」をポジティブに考えるメディア “リブート”
「Yes, Again 〜人生はやり直せる、何度でも〜」をビジョンに掲げ、退職代行サービス「EXIT」を運営するEXIT株式会社によるオウンドメディアサイト。今まで多くの人の「退職」をサポートしてきた経験から、何かを辞めて今輝いている有名人へのインタビュー、退職に関する知識や退職者インタビューなどを発信しています。「辞...

 

 

 

「わたしNEXT」のように、女性専用の退職代行会社もあります。

相談は無料なので、どんな感じなのか問い合わせだけしてみるのもありだと思います。

しかも、転職・起業・独立・開業サポートも行っているそうなので、次のビジョンが明確な人にもおすすめです。

 

 

 

こちら「退職代行アルマジロ」は比較的安価なのが特徴です。

 

 

過去の私のように悩んでいる人の役に立てれば幸いです。退職を希望しているみなさんが、次のステージに進めることを願っています。