保育士を辞めたいと思っている人へ。「逃げるが勝ち」です。その理由

Child Care

こんにちは。保育園でも幼稚園でも、正規社員でも派遣でも臨時でも働いたことがあります、つると言います。

(便宜上保育園と書きましたが、幼稚園・こども園なども含みます。)

 

この記事を読んでくださっているあなたは保育士を辞めたい(もしくは現在の園を辞めたい)と思っている人の一人なんだと思います。

 

その気持ちわかります。本当に心から思うのですが、園で働くの、つらすぎませんか?

 

私は以前、本気で365日の間、ただひたすらに「辞めたい」と思いながら働いていた経験があります。(もちろん後に辞めましたが)

 

 

そんな経験もありますし、保育士仲間も多いですし、保育業界以外にもいろいろな職場に移ったりと人との出会いも多いので、いろんな人達の人生を垣間見てきました。体験談も聞いたり。

 

 

それでわかったのですが、「つらい」「苦しい」「辞めたい」と感じる園で保育士を続けても良いことないです。

ほんっと逃げるが勝ち。

 

なので、辞めたい人は早めに辞めてしまった方が良いです。

詳しい理由や根拠を4つに分けて説明します。

 

 

Sponsored Link

①早く逃げた方が傷が浅くて済む

 

辞めるって決意しにくいし、決めたとしても言い出しにくいですよね。

 

でも、それでずるずる続けていくとどういう未来が待っているかと言うと、「変に慣れて情が湧いてかつ責任が増えて、より言い出しにくくなっていく状況」です。

 

仮に5年や10年勤めれば「ああ、よく勤めたね、お疲れ様。」という状況になるかもしれませんが、そんなの考えられないですよね?今この瞬間も辞めたいのに

 

 

私はあまりに劣悪な環境の園に派遣されてしまったことがあり、精神的に限界を迎えて3週間で辞めたことがありますが、その後私に何が起こったかと言うと、何も起こっていません。ただ平穏な生活を手に入れただけです。

 

さすがに辞めざるを得なかったときは自己嫌悪に陥ったりもしましたが、振り返ってみてもあのときの決断は絶対に間違っていなかったと断言できます。

 

つらい職場で苦しみながら日々命を削っていくよりも、さっさと見切りをつけて次の場所へ移って本当に良かった。あれ以上、時間と体力と精神力を無駄にしないで済んだ。

 

園の人々には陰口を叩かれたかもしれませんが、もはや知る術もないですし、私の人生にはもう何も関係しません。もう3週間しかいなかった職員のことなんて忘れているでしょうし

 

 

退職を告げる時期ですが、法律的には2週間前に申し出ることが望ましいようです。しかし、もし就業規則に1ヶ月前と書かれていたらそちらが優先されるとのこと。

 

退職の法律!就業規則と民法第627条はどっちが強い? | ブラック企業どっとコム
こんにちは「ブラック企業被害者の会」講師の川尻浩作です。「退職届を出したのに会社が辞めさせてくれない」そんなあなた!退職に関する法律があることを知っていますか?正しい知識があればブラック企業なんて恐れることはありませんよ。退職に関する法律「民法 第627条」民法

(こちらの記事を参考にさせてもらいました)

 

ただ、いつでも辞めること自体はできますので、精神的に病んでしまいそう、という人はもう自分を優先しましょう。

(病院に通って証明書をもらって提出したり、そういうのを利用しても良いと思います。)

 

例として挙げると、新卒で正規職員で就職して3日で辞めた保育士仲間もいますが、次に勤めた園が合っていたようで2ヶ所目で伸び伸び働けたそうです。

その瞬間はいろいろ大変だったかもしれませんが、結果オーライというやつです。

 

 

また別の知人の話ですが、彼女は地元でも有名な園(労働環境はブラック。でも知られていない)に入社でき、つらい中で我慢して我慢して続けた結果、年度途中で鬱病になってしまい、保育の道を絶ってしまいました。

 

何が言いたいかと言うと、区切りをつけて早めに辞めたほうが傷が浅くて済む、ということです。

 

もう、傷つかなければ居られない環境からは抜け出しましょう。

世界は想像以上に広いので大丈夫です。

 

 

自分では退職を言い出しにくい場合は、退職代行という手もあります。

 

退職代行「EXIT」

こちら「EXIT」は業界最大手で、日本で初めて退職代行をスタートした会社。2500人以上の人がすでに利用していて、その退職成功率は100%だそう。
この会社が運営している「REBOOT」というウェブメディアに利用者の体験談も載っています。

REBOOT - 「やめる」をポジティブに考えるメディア “リブート”
「Yes, Again 〜人生はやり直せる、何度でも〜」をビジョンに掲げ、退職代行サービス「EXIT」を運営するEXIT株式会社によるオウンドメディアサイト。今まで多くの人の「退職」をサポートしてきた経験から、何かを辞めて今輝いている有名人へのインタビュー、退職に関する知識や退職者インタビューなどを発信しています。「辞...

 

 

 

「わたしNEXT」・・・女性専用の退職代行会社。相談は無料なので、どんな感じなのか問い合わせだけしてみるのもありだと思います。さらに、転職・起業・独立・開業サポートも行っているそうなので、次のビジョンがある人は利用しがいがあるかも。

 

 

 

こちら「退職代行アルマジロ」は比較的安価なのが特徴です。

 

 

 

②時間=命がもったいない

本からの受け売りですが、時間というのはあなたの命そのものです。

 

貴重な若い人生の時間をつらいことに耐えるために費やすのはもったいなさすぎます。

 

若いうちにしかできないことがたくさんあります。

 

例えばワーキングホリデー。特別な資格なしに海外で働くことができるこの制度は30歳までです。

私は最初のワーホリに行ったのが遅かったのもあって、2カ国しか行けませんでしたが、一歩外の世界を見れば3〜4カ国ほどワーホリしている人もいます。いろいろ理由をつけていないで、もっと早く興味のあることをはじめていれば、と思わずにはいられません。

 

また、ヨーロッパの多くの国々では24歳までは様々な割引制度が受けられたりします。交通機関が安く利用できる、有名な美術館に無料で入場できるなど。

 

もし興味があれば、海外の保育園で働くことだって夢じゃないです。行動すれば叶えられます。しかもそれは早ければ早いほど良いに決まっています。

 

私が海外好きなので偏った例えになってしまってすみません…(笑)

ですが、そういった興味のある分野へのチャンスを掴むことができるのも今このときだけかもしれない、年齢制限があるかもしれない、ということを覚えておいてほしいです。

 

 

③辞めずに続けて幸せになった人を一人も見たことがない。ただ不幸せな境遇に慣れるだけ

 

これはもうこの通りなんですが、転職してハッピーになった人は多いのに、嫌な職場に居続けてその後幸せになった人って見たことないんです。

 

「ほんとあのとき転職して良かったー」って声はよく聞くけど「ほんとあのとき転職しないで今の職場で耐えて良かったー」って聞いたことないと思いませんか。

 

 

考えてみたらそうですよね。

だって園の環境(教育・保育方針、労働条件、雰囲気、仕事内容、人間関係など)ってそうそう劇的に変わらないです。

コンサルタントでも入っていれば話は別ですが、そんなケースは激レアです。

 

たいていトップの方の人々(園長・副園長・主任など)はずーっとそこで働いている人たちです。ぱっとその中に入ったあなたにとってどんなに異常な環境でも、そこに長くいる人達にとっては、「それが日常・それが当たり前」です。何年も何十年もそうやって運営されてきているんです。変わりようがないですよね。

 

(人としてどうなのか、っていう人、けっこういるじゃないですか。そういう人もたいてい何年も何十年もそこにいる人かと思います。その環境を作っている中の一人ですから。)

 

ではどうなるかと言うと、辞めないでいる間にあなたがそこに慣れる、これ一択になります。最初は「苦しい」「嫌だ」「こんなのありえない」と思っていたさまざまなことに対しても感覚が麻痺してきます。

 

ただ、注意してもらいたいのは、不幸せに慣れてしまっても、それは幸せということではないということです

 

 

「しんどい、辞めたい」と言いつつ「自分の地位も上がっていくし、慣れて気が楽になってきたし、新園舎も建つし…」となんだかんだで辞めずにいた友人がいます。彼女は数年越しに会ったときにも変わらず職場の愚痴を言っていました。

 

「労働時間も人も無理。」と転職を決意して1年で別の職場に移った別の友人は、給料もアップしてホワイトな労働環境で周りの人にも恵まれて、もう5年以上そこで勤めています。彼女は「転職して良かった。」と言います。

 

 

最後に私がとある園を辞めるときに先輩の保育士から聞いた体験談を書きます。

 

『1年目は仕事も人間関係もすべてが毎日つらくて泣きながら通勤していた。絶対辞めようと思っていた。でも2年目になったら、新卒の子たちが入ってきて、周りの人たちがそっちをターゲットにしはじめて、仕事にも慣れてきて、少し楽になった。上の人たちとも打ち解けてきたし、よくしてもらえるようになったし、辞められなくなってしまった。でも、今思えば、そのとき辞めてしまえばよかった。』

 

さくっと去る私のことを「うらやましい」と言っていました。衝撃でした…。視野が狭くなってしまって思考ががんじがらめになってしまったのかなと思いましたが、私の立場では何も言えませんでした。

 

 

あなたの世界がそこだけになってしまう前に、心が麻痺してしまう前に、おかしいことをおかしいときちんと感じられる内に、決断することをおすすめします。

 

 

④実際、転職先は死ぬほどある

 

  • 「せっかく採用されたのに…」
  • 「人気の園だから…」
  • 「石の上にも三年って言うし…」
  • 「園の人や保護者に迷惑がかかるし…」

 

といったように、いろいろ思い悩んでしまうとは思うのですが、一度考えてみてください。

 

自分の心を痛めてまでそこにいる必要って本当にあるんでしょうか?

 

ないです!

 

なぜなら↓

 

せっかく採用されたのに

現実として、実際に働いてみないとわからないことの方が多い。ミスマッチは仕方ない。次回は、できるかぎり徹底リサーチして職場を選びましょう。

 

 

人気の園だから

これはただの他人や外部の評価であって、あなたにとって働きやすい園でなければ何の意味もないと思います。自分が感じた気持ちを優先すべきです。最終的に自分の気持ちをケアできるのは自分だけです。

 

また逆に、特別有名というわけではないけれど、働いている職員にも通っている子どもたちにも優しくて質の高い園があります(もしかしてこっちの方が多いのでは…?)

 

この周囲の評判と内部事情のギャップがある園をいろいろ見てきました。なので、やはり働く前に一日ボランティアなどで内部の様子を隅から隅まで見てから勤務するのが良いですね。

 

 

石の上にも三年

人生の中の若い時期の3年は長すぎます。日数にして365日×3年でなんと1,095日です。

あなたはこのまま1,000回以上もその憂鬱な朝を迎えたいですか?

3年あれば、行動していれば人生大きく変わります。

その園に耐えて居続けた3年後の自分と、人生を変えよう・良くしようと行動した3年後の自分を想像してみてください。希望が見いだせるのは、後者だと思います。

 

 

園の人に迷惑がかかる

例えばもしブラック企業並みの労働を強いられている、などのケースでしたら、その劣悪な労働環境をそのままにしている園にも原因があるでしょう。

職員間のいじめなども、それを野放しにしている・そういう環境を作り出している園にも責任があります。なので仕方ない部分があります。

 

あなたが辞めても別の人が雇われるだけです。あなたが我慢してまでそこで耐え抜かなくてもいいんです。

 

しかも、人々が100年生きるようになってくる今の時代、転職は当たり前になってきています。

「長く勤めることが美徳」なんていう古い時代の価値観をあなたに押し付けようとする人たちのことは受け流していきましょう。

 

 

転職先に、別の自分に合う園を探すのも良いですし、子どもとかかわる別の職場を選ぶのも良いと思います。(噂では企業内託児所や病院内託児所はアットホームで働きやすいとか。)

 

 

 

 

セントメディア ホイプラ

 

 

マイナビ保育士

 

 

保育士の求人・転職サポートサイトがこれだけある=保育士の需要がこれだけ高い。

 

今の園じゃなくても相当数の選択肢があります。その中から選ぶのはあなたです。

 

最近はベビーシッター事業も伸びていますね。

「しがらみの多い保育士からシッターに転職し、生き生きと自分らしく働けるようになった」という人のインタビュー記事を見ました。

“キッズライン”というシッターサービス企業はどんどん市場も大きくなっていて、私も気になってます。

 

興味のある別の業界に行ってみるのも良いですよね。

友人の一人は、子ども好きで保育士を志して資格だけは取ったものの、実習の段階で「向いていない」と感じ、学校卒業後は事務として働いていますが、のんびりやっているそうです。

 

未経験でも問題ないです。

もしあなたが35歳以下なら近くのヤングハローワークに相談に行くのも良いと思います。無料でキャリアカウンセリングが受けられます。

 

ネットにも様々な転職・就職サポートサイトがあります。こちらも利用は無料のところが多いです。

 

女性の転職に特化したサービスを提供しているサイトRUNWAY。

 

こちらは経歴を見た企業からの面接オファーが届くという転職サイト、ミイダス。

 

転職はしたくても何から始めていいかわからない人のサポートも行っているDODA。

 

20代専門の就職サポートサイトもあります。こちら通称ウズキャリは独自にブラック企業のデータベースを作成していて、それを完全排除した上で紹介してくれるとか。

 

まとめ

 

保育士を辞めたいと思っている人へ。「逃げるが勝ち」です。
その理由は、
  1. 早く逃げる分だけ傷が浅くて済む
  2. 時間=命。あなたの貴重な時間を辛いことに費やすのはもったいない
  3. 辞めずに続けて幸せになった人を一人も見たことがない。ただ不幸せな境遇に慣れるだけ
  4. 転職先は死ぬほどある。あなたらしさを活かせる場所に行こう

でした。

 

一人では決断しにくい・悩める人は、“保育士 相談 電話”などのキーワードで検索してみると、地域だったり団体だったりの相談サービスが出てくるので、そういう機関を利用してみるのも良いと思います。

 

保育士を辞めたいあなたの未来が明るくなることを心から願っています。