保育士を辞めたいと思っている人へ。「逃げるが勝ち」です。その理由

Work

 

私立でも公立でもクラス担任を経験し、正社員・臨時職員・派遣などの勤務形態で働いたことがある、元保育士・元幼稚園教諭のつると言います。

(タイトル等はまとめて「保育士」と書きましたが、幼児教育機関で働いている人には当てはまると思います。)

 

おそらく、あなたはきっと保育士を辞めたい、もしくは現在の園を辞めたいのですよね。

その気持ち、すっごくわかります。

私も昔、本気で365日24時間ただひたすらに「辞めたい」と思いながら働いていたことがあります。

本当に、合わない園で働くのってつらすぎますよね。

担当したクラスの子どもたちの卒業を待つことなく辞めた私ですが、「あのとき勇気を出して辞めて良かった」って数年経った今でもめちゃくちゃ思っています。(卒園式は来賓として見に行けました。)

 

ちなみにその後は海外の園で働いたりベビーシッターをしたり、数カ国の国で保育ボランティアに行ったりもしました。

 

そんな自分の過去と、保育士仲間やこれまで出会った数多くの転職経験者の話を聞いていく中で一つわかったことがあります。

それは、「つらい」「苦しい」「辞めたい」と感じる場所で働き続けても良いことないってことです。

ほんっと逃げるが勝ち。

 

なので辞めたい人は早めに辞めてしまった方が良いです。それを伝えたくて記事にまとめました。

詳しい理由や根拠を4つに分けて説明します。

 

 

スポンサーリンク

理由①早く逃げた方が傷が浅くて済む

 

そうは言っても、辞めるって決断には勇気が要るし、決めたとしても言い出しにくいですよね。

でも、それらを先延ばしにしてずるずる続けたところで数年後に待っているのは「変に慣れて情が湧いてかつ責任が増えて、より言い出しにくくなっていく状況」です。

 

仮に5年や10年勤めれば「ああ、よく勤めたね、お疲れ様。」という状況になるかもしれませんが、そんなの考えられないですよね?今この瞬間も辞めたいのに

 

 

私はあまりに劣悪な環境の園に派遣されたときに、心の底から「無理!!」と思って3週間で辞めたこともあります。これ、学生時代のバイトも含めて最短記録です。

でもその後私に何が起こったかと言うと、別に何も起こっていません

ただ平穏な生活と開放感を手に入れただけです。

その後の仕事にも特に困りませんでした。

 

さすがに辞めざるを得なかったときは「こんなにすぐに…」と自己嫌悪に陥ったりもしましたが、後から振り返ってみてもあのときの決断は正しかったです。

 

つらい職場で苦しみながら日々命を削っていくよりも、さっさと見切りをつけて次の場所へ移って本当に良かった。あれ以上、時間と体力と精神力を無駄にしないで済んだ。

 

園の人々には陰口を叩かれたかもしれませんが、もはや知る術もないですし、私の人生にはもう何も関係しませんし、正直どうでもいいですね。

3週間しか在籍していなかった職員のことなんてすぐ忘れるでしょうし

 

 

退職を告げる時期ですが、法律的には2週間前に申し出ることが望ましいようです。

就業規則に1ヶ月前と書かれていたらそちらが優先されるらしいですが、辞めること自体はいつでもできます。

ちなみに私がその派遣先を辞めたときは、出勤前に突然限界が来たので当日の朝に「もう行けません」と派遣会社に告げてその後一度も行きませんでした。でも特に何も言われず。

(後から聞いたのですが、その園は一年で十数回も派遣社員が入れ替わっているようなブラック園でした。それをまったく知らせず派遣し続けている派遣会社もまたブラック…)

 

もし正社員だとしても、迷わず「自分の心の安全」を優先してください。

保育士仲間で、新卒正規採用で就職してから3日で辞めた子もいますが、次に勤めた園が合っていたようでそこでは伸び伸び働けているそうです。

なので「すぐ辞めると次の採用で不利になるかも…」というのもそこまで心配しなくていいんじゃないかなと思います。働ける場所はいくらでもあります。

 

また別の知人の話ですが、彼女は地元でも有名な園(労働環境はブラック。でも外部に実態が知られていない)に入社でき、つらい中で我慢して我慢して働き続けた結果、年度途中で鬱病になってしまい、保育の道を絶ってしまいました。

 

 

勇気を出して区切りをつけて早めに辞めた方が、結果的に傷は浅く済みます

何より自分の心を大事にして、あなたを傷つける環境からは抜け出してほしいです。世界は想像以上に広いので大丈夫です。

 

 

 

自分で退職を言い出しにくい場合は、退職代行という手もあります。

退職代行「EXIT」

こちら「EXIT」は業界最大手で、日本で初めて退職代行をスタートした会社とのこと。2500人以上の人がすでに利用していて、その退職成功率は100%だそう。
この会社が運営している「REBOOT」というウェブメディアに利用者の体験談も載っています。

REBOOT - 「やめる」をポジティブに考えるメディア “リブート”
「Yes, Again 〜人生はやり直せる、何度でも〜」をビジョンに掲げ、退職代行サービス「EXIT」を運営するEXIT株式会社によるオウンドメディアサイト。今まで多くの人の「退職」をサポートしてきた経験から、何かを辞めて今輝いている有名人へのインタビュー、退職に関する知識や退職者インタビューなどを発信しています。「辞...

 

 

 

「わたしNEXT」は女性専用の退職代行会社だそうです。相談は無料らしいので、どんな感じなのか問い合わせだけしてみてもいいかもしれません。さらに、転職・起業・独立・開業サポートも行っているようです。

 

 

こちら「退職代行アルマジロ」は他社と比べてやや安価に設定されているそう。

 

退職代行は私自身は利用したことがないのですが、職員を辞めさせないように圧をかけてくる園もあるので、こういう手段を使うのもぜんぜんありだと思っています。

 

 

理由②「時間=命」がもったいない

本からの受け売りですが、時間というのはあなたの命そのものです。

 

貴重な若い人生の時間をつらいことに耐えるために費やすのはもったいなさすぎる。

若いうちにしかできないことがたくさんあります。

例えば、ワーキングホリデー(特別な資格なしに海外で働くビザがもらえる制度)には年齢制限があり、国によりますがおおむね30歳までです。

私は最初のワーホリに行ったのが遅かったのもあって、2カ国しか行けませんでしたが、一歩外の世界を見れば3〜4カ国ほどワーホリしている人もいます。いろいろ理由をつけていないで、もっと早く興味のあることをはじめていれば、と思わずにはいられません。

 

また、ヨーロッパの多くの国々では旅行者でも24歳以下は様々な割引制度が受けられます。(交通機関が安く利用できる、有名な美術館に無料で入場できるなど。)

もしも興味があれば、海外の保育園で働くことだって夢じゃないです。行動すればきっと叶えられます。

 

私が海外好きなので偏った例えになってしまいましたが、そういった興味のある分野へのチャンスを掴むことができるのも今このときだけかもしれない、年齢制限があるかもしれない、ということを覚えておいてほしいです。

 

 

理由③辞めずに続けて幸せになった人を一人も見たことがない。ただ不幸せな境遇に慣れるだけ

 

これはもうこの通りなんですが、転職してハッピーになった人は多いのに、嫌な職場に居続けてその後幸せになった人って見たことないんです。

 

あなたの周りでも、「ほんとあのとき転職して良かったー」って声は聞いても「ほんとあのとき転職しないで今の職場で耐えて良かったー」って聞いたことないと思いませんか。

 

考えてみたらそうですよね。

だって園の環境(教育・保育方針、労働条件、雰囲気、仕事内容、人間関係など)ってそうそう劇的に変わらないです。外部のコンサルタントが入ったり、運営元が変われば話は別ですが、そんなケースは激レアです。

 

たいていその園を動かしている人々(園長・副園長・主任・中堅保育士など)はずーっとそこで働いている人たちです。

だから新しくその中に入ったあなたにとってどんなに異常な環境でも、そこに長くいる人達にとっては、「それが日常・それが当たり前・それが良いと思ってやっている」んです。何年も何十年もそうやって運営されてきているんです。変わりようがないですよね。

 

(子どもたちにひどいことをしていたり、職員いじめをしていたり、ブラック労働を強いたり…そういう人としてやばい人、保育教育業界ってけっこういますよね。)

 

 

そこに居続けてどうなるかと言うと、辞めないでいる間にあなたがその異常さに慣れることになります。最初は「苦しい」「嫌だ」「こんなのありえない」と思っていたさまざまなことに対しても感覚が麻痺してきます。

 

ただ、注意してもらいたいのは、不幸せに慣れてしまっても、それはイコール「幸せ」ではないということです

 

 

「しんどい、辞めたい」と言いつつ「自分の地位も上がっていくし、慣れて楽になってきたし、新園舎も建つし…」となんだかんだで辞めずにいた友人がいます。彼女は数年越しに会ったときにも変わらず職場の愚痴を言っていました。

 

 

「労働時間の長さも人も無理。」と転職を決意して1年半で別の職場に移った別の友人は、給料もアップしてホワイトな労働環境で周りの人にも恵まれて、もう5年以上そこで勤めています。彼女は「転職して良かった。」と言います。

 

 

最後に、私がとある園を1年で辞めるときに、先輩の保育士から聞いた体験談を書きます。

『1年目は人間関係も過酷で業務内容も激務で、すべてがつらくて毎朝泣きながら通勤していた。明日行ったら辞める、と自分に言い聞かせながら続けた。絶対に辞めようと思っていた。でも、いざ2年目になったら、新卒の子たちが入ってきて、周りの人たちがそっちをターゲットにしはじめた。仕事にも徐々に慣れてきて、少し楽になった。上の人たちとも打ち解けてきたし、よくしてもらえるようになったし、辞められなくなってしまった。でも、今思えば、あのとき辞めてしまえばよかった。』

さくっと去る私のことを「うらやましい」と言っていました。その先輩は何年そこで働いていたかというと、なんと7年間!衝撃でした…。別の道を選べば、いくらでも楽しく生きられた可能性があったのに…。

視野が狭くなってしまって思考ががんじがらめになってしまったのかなと思いましたが、私の立場では何も言えませんでした。

 

 

あなたの世界がそこだけになってしまう前に、心が麻痺してしまう前に、おかしいことをおかしいときちんと感じられる内に、決断することをおすすめします。

 

 

理由④実際、転職先は腐るほどある

 

  • 「せっかく採用されたのに…」
  • 「人気の園だから…」
  • 「石の上にも三年って言うし…」
  • 「園の人や保護者に迷惑がかかるし…」

 

といったように、いろいろ思い悩んでしまうとは思うのですが、一度考えてみてください。

 

自分の心を痛めてまでそこにいる必要って本当にあるんでしょうか?

「ない」と断言します!!

 

 

✕「せっかく採用されたのに」

現実として、実際に働いてみないとわからないことの方が多いです。他の業種であっても。なのでミスマッチは仕方なかったと思って、次回は、できるかぎり徹底リサーチして職場を選びましょう。

 

 

✕「人気の園だから」

これはただの他人や外部の評価であって、あなたにとって働きやすい園でなければそんなの何の意味もないです。自分が感じた気持ちを最優先すべきです。最終的に自分の気持ちをケアできるのは自分だけです。

 

またこのパターンとは逆に、特別有名というわけではないけれど、「働いている職員にも通っている子どもたちにも優しく、保育の質の高い園」も存在します。

 

 

私は就業先や実習やボランティアなどで少なくとも20箇所以上の園に入ったことがありますが、「周囲の評判と、実態は別物である」ことを深く実感しています。

「ここに通わせると頑張り屋で礼儀正しく良い子になる」と親たちから好評で人気の高い園が、実は内部では保育士絶対主義のスパルタで虐待まがいの押し付けをしていた(から子どもらしくない振る舞いができるようになってしまう)など、とても恐ろしい現実もこの目で見てきました。

 

なので、おすすめは、働く前にボランティアとして入って内部の様子を隅から隅まで見ることです。そして子どもたちへの声掛けの仕方や職員同士のやりとり、行事や業務の内容などチェックしてみてください。

 

✕「石の上にも三年」

まず前提として、人生の中の若い時期の3年は長すぎます。日数にして365日×3年でなんと1,095日です。

あなたはこのまま1,000回以上もその憂鬱な朝を迎えたいですか?

3年あれば、行動していれば人生大きく変わります。

その園に耐えて居続けた3年後の自分と、人生を変えよう・良くしようと行動した3年後の自分を想像してみてください。希望が見い出せるのは、圧倒的に後者ではないでしょうか。

 

 

✕「園の人に迷惑がかかる」

例えばもしブラック企業並みの労働を強いられている、自分が抜けると園が回らなくなる、といったケースでしたら、その劣悪な労働環境をそのままにしているその園に大いに原因があります

 

それに、なんだかんだ、あなたが辞めても別の人が雇われるだけです。あなたが我慢してまでそこで耐え抜かなくてもいいんです。

 

しかも、人々が100年生きるようになってくる今の時代、転職は当たり前になってきています。今どき「長く勤めることが美徳」なんていう古い価値観をあなたに押し付けようとする人たちのことは放っておきましょう。

 

 

転職先として、他の園を探すのも良いですし、子どもとかかわる別の職場を選ぶのも良いと思います。(噂では企業内託児所や病院内託児所はアットホームで働きやすいとか。)

 

 

マイナビ保育士

 

上記は一例ですが、保育士の求人・転職サポートサイトがいくつもあります。それだけ保育士の需要が高いということです。

今の園じゃなくても相当数の選択肢があります。その中から選ぶのはあなたです。

 

 

それに、最近はベビーシッター事業も伸びています。「しがらみの多い保育士からシッターに転職し、生き生きと自分らしく働けるようになった」という人のインタビュー記事を見ました。

『キッズライン』というシッターサービス企業はどんどん市場も大きくなっていて、私も気になってます。

 

興味のある別の業界に行ってみるのも良いと思います。

友人の一人は、子ども好きで保育士を志して資格だけは取ったものの、実習の段階で「向いていない」と感じ、学校卒業後は事務として働いていますが、のんびりやっているそうです。

 

 

未経験でも今の時代何の問題ないです。もしあなたが35歳以下なら近くのヤングハローワーク(地域によっては、わかものハローワークという名称みたいです)に相談に行ってみてください。

無料でキャリアカウンセリングが受けられます。私も若い頃に利用しましたが、すごく親身になってもらえて、結果的に転職成功しました。めっちゃおすすめ。

 

 

また、「対面はちょっと…」という方向けに、ネットにも様々な転職・就職サポートサイトがあります。こちらも利用は無料のところが多いです。

 

経歴を見た企業からの面接オファーが届くという転職サイト、ミイダス。

 

転職はしたくても何から始めていいかわからない人のサポートも行っているDODA。

 

20代専門の就職サポートサイトもあります。こちら通称ウズキャリは独自にブラック企業のデータベースを作成していて、それを完全排除した上で紹介してくれるとか。

 

 

まとめ

 

保育士を辞めたいと思っている人へ。「逃げるが勝ち」です。
その理由は、
  1. 早く逃げる分だけ傷が浅くて済む
  2. 時間=命。あなたの貴重な時間を辛いことに費やすのはもったいない
  3. 辞めずに続けて幸せになった人を一人も見たことがない。ただ不幸せな境遇に慣れるだけ
  4. 転職先は腐るほどある。あなたらしさを活かせる場所に行こう

でした。

 

一人では決断しにくい・悩める人は、“保育士 相談 電話”などのキーワードで検索してみると、地域だったり団体だったりの相談サービスが出てくるので、そういう機関を利用してみるのも良いと思います。

 

保育士を辞めたいあなたの未来が明るくなることを、心から、願っています。