夏の南島クイーンズタウン観光(ゴンドラ・ビュッフェ・ハンバーガー)

NewZealand

2019年1月のなかばにクイーンズタウン観光に行ってきました。

夏真っ盛りの晴天の日に丸一日市内を満喫したので、写真(加工一切なし)と共にご紹介します。おすすめ度や気になるメニューや料金も。

 

(※1ニュージーランドドル=74円で計算しています)

 

 

 

Sponsored Link

まず午前中にゴンドラへ。頂上からの景色が最高

 

InterCityバスでクイーンズタウンに到着したため、そこから歩いて乗り場へ向かいました。市内中心部からは徒歩15分くらいだったかと思います。

 

 

 

 

中のカウンターで乗車券を購入しますが、その値段はなんと大人一名往復(正味10分前後)で39NZドル(約2,900円)です。

 

 

 

 

た、高い。

ちなみにウェリントンのロープウェイは往復9ドル。ウェリントンが良心的すぎなんでしょうか。

 

 

 

 

ただ、このように他にもいくつかの料金プランがあります。

私は友人と一緒だったので、頂上にあるレストランでのビュッフェランチとセットで75ドル(約5,500円)のプランにしました。

 

オンラインで事前に予約・購入して、そのバーコード画面をカウンターで見せることもできます。

 

 

 

 

列に並び、乗り込みます。アトラクションのようで楽しい。

乗車最大人数が4人なので、一人や2人だと大体相乗りになるようです。

 

 

急な角度でぐんぐん上っていき、あっという間に頂上です。

途中でバンジージャンプをやっているスポットも見ることができます。

 

 

 

 

この建物内にはビュッフェレストランだけではなく、土産物屋やカフェもありましたが、まずは展望デッキに出てみることに。

そこには想像以上の絶景が広がっていました。

 

 

 

 

思わず「うわーー!」と声が出てしまうほどに壮大で澄み切った景色でした。

すべてが綺麗、全部が青い。

 

 

 

 

見とれてしまいます…。

美しい空と湖と山がずーっと遠くまでよく見えます。

 

 

 

 

クイーンズタウンの名は、“ヴィクトリア女王が住むのにふさわしい街”と言われたことから来ているそうですが、本当にその通りだなと思いました。

 

 

 

 

ここに来るまでは、クイーンズタウンの写真をポストカードやネットで見ても「これが噂の人気観光地かー」という感想くらいでした。

 

実物がこんなに感動ものだなんて…。

まだ行ったことがない人には、いくら料金が高くても一度はゴンドラに乗って頂上からの格別の絶景を見ることを全力でおすすめします。

 

 

ビュッフェレストラン 内容は?

 

そうして、景色を堪能した後はレストランに向かいました。

ストラトスフェア レストラン&バー という名前らしいです。

 

 

 

 

この奥に進むとレストランの受付です。

ゴンドラ乗り場でもらった紙のチケットを見せて案内してもらいます。

 

水・各種お茶・コーヒー以外のドリンクは有料だそうで、ドリンクメニューをもらってさっそく取りに行きました。

 

 

 

 

アジア系の観光客が多いからか、巻き寿司やラーメン、中華料理のコーナーもありました。

 

 

 

 

さすが酪農大国、チーズは5種類くらい置いてありました。

 

途中から食べることに夢中になってしまい画像がなくてすみません…(笑)

が、私のここの一押しはムール貝です。そのままでも美味しかったですし、ソースが4種類くらいあって、飽きずにたくさん食べてしまいました。

 

後は、サラダ数種類、ビーフシチュー、ポテト、ムニエル、ラザニア、パン、チキン数種類、インドカレー、ジャスミンライスなどもありました。

 

お腹いっぱいになり、別腹のデザートへ移動します。

 

 

 

 

スイーツがずらっと並んでいて圧巻です。

ホーキー・ポーキーの新鮮なアイスクリームのコーナーもありました。

 

 

 

 

パブロバもありました。すごく美味しかったです。

 

 

 

 

実はこのレストランからもこんな景色が見られます。最高です。

 

 

 

 

こちらはレストランに入る前のロビーのような場所です。誰でも使えるみたいです。

 

 

 

 

別のカフェにはテラス席がありました。

 

再度景色を見て回り満足したので、ゴンドラで地上に降りました。

帰りは行きより自由で、相乗りなしでグループごとに乗っていました。

 

 

クイーンズタウンモール

 

 

 

 

夜はあの有名なハンバーガーを食べたかったので、その間市内を散策することにしました。

 

このモールの左手にあるスターバックスでタンブラーを買ったら、トールサイズのドリンクなんでもひとつ無料でもらえました!

 

 

 

 

雰囲気が良くて、見て歩くだけでも楽しかったです。

 

 

Cookie Time メニューと可愛すぎるディスプレイ

 

 

 

 

最近日本にも出店したことで話題になったニュージーランドのクッキー専門店クッキータイムにも立ち寄ってみました。

 

 

 

 

美味しそう〜。お腹さえ空いていれば…。

 

 

 

 

可愛すぎる!このいかにも外国っぽいポップさがたまりません。

 

 

 

 

自分用に小さいお土産を買いました。

賞味期限が近かったのでしょうか、レジ横で3ドルで売っていました。

 

 

クッキータイム アクセス

 

 

 

 

その後、美しすぎるワカティプ湖とクイーンズガーデンを満喫します。

こちらは別で記事をアップしますね。

 

 

念願の有名ハンバーガー店へ

 

 

夜になり、お腹の余裕が出てきたので、クイーンズタウン名物ハンバーガーを食べにFergburgerへ向かいました。

 

 

 

 

左手のジェラートショップ・ベーカリーも系列店らしいです。

 

 

 

 

こちら夜の8時半くらいなのですがまだこれだけ明るくて日差しが強いです。

 

 

 

 

20分くらい列に並んでいる間にメニューが配られるので特に注文を決めていなくても大丈夫です。

 

 

 

 

店内の様子。画像左手上部にバーガーメニューとドリンクメニューがありました。

 

まずカウンターで注文・会計すると、名前が聞かれ、番号が振られたレシートをもらえます。

画面にその番号が表示されたら、カウンターに戻ってレシートを渡します。

 

 

 

 

店内で飲んでいる人がいてそれを見たらどうしても飲みたくなって生ビールも注文しました。tap 5ドルです。安い。

暑かったので、すごく美味しく感じました!

他に瓶ビールやワイン、ジュース類もありました。

 

 

 

私はThe Fergburger という一番スタンダードなもの(11.90ドル)を、友人はそれにトッピングを追加したもの(12.90ドル)を選びました。

 

 

 

 

ちゃんと肉の味がする感じで美味しかったです。ただ、味は想像していたよりもシンプルでした。素朴な美味しさと言いますか。

 

世界のハンバーガーランキングトップ10に入っていると言うことですが、多分それはこのボリューム感(大きくてずっしり)とお得な価格設定、ここでしか食べられないという希少価値の高さも関係しているのかなと思いました。

鹿肉を使ったメニューなんかもあるそうなので、ぜひまた他の味も食べてみたいです。

 

 

Fergburger アクセス

 

 

なんとこのお店、朝の5時まで営業しています。

 

なので、だいぶゆっくりしていても大丈夫です。

ランチは別のところで食べて、おやつにジェラートでも食べて、外食で高くつきがちなディナーにこちら最適だと思います。

 

ちなみに宿はここに泊まったのですが、激近でした。

 

クイーンズタウンの格安バックパッカー“BASE”に泊まってみた

 

まとめ

 

  • クイーンズタウン、見て良し食べて良し雰囲気良しで最高

 

こんな素晴らしい街は世界的に人気になるわけです。

今のところ、クイーンズタウンは私の中でニュージーランド国内万人におすすめしたい街ランキング堂々第一位です。

 

<宿の予約にエクスペディア>

 

今回もエクスペディアを利用しました。

航空券と宿を同時に予約で割引があるのと、日本語コールセンター24時間365日対応が心強いのでよく使っています。

エクスペディアで格安宿を探す

<安心・安定のニュージーランド航空>

 

【ニュージーランド航空公式】公式サイトなら最安価格保証