カナダワーホリ、トロントでも稼げるのか(稼いだお金でできたこと)

Canada

カナダ随一の都会・トロントでは稼げたのか?また、稼ぐためにしていたこととは?稼いだお金で何ができたのか?などを周囲の人たちの体験談も含めてご紹介します。

 

 

 

Sponsored Link

トロントでワーホリでも稼げるのか?

 

結論から言いますと、シフトに入ればある程度は稼げます。

 

というのも、カナダワーホリでは時給制度なので働いた時間の分だけお金が入ってくるからです。(正社員・アルバイトといった区別もない。)

 

レストランのサーバーならチップもプラスです。

 

 

最低賃金が上がって稼ぎやすくなった

 

オンタリオ州トロントでは2018年1月から最低賃金が14ドル(1カナダドル88円として1186円)に上がりました。

 

ただ、サーバーはチップが入ることを前提としているので、12.20ドル。

 

ちなみにブリティッシュコロンビア州バンクーバーでは現在12.65ドル(1072円)ですが、2019年1月からは13.05ドルになるそうです。

 

 

 

具体的にいくらくらいもらえるの?

 

ではここで、どれくらいのお給料をゲットできるのかイメージしてみましょう。

まず時給は間を取って1時間13ドルとします。

 

 

そして日本と同じように1日8時間勤務×週に5日働いたとすると、8時間×13ドル×5日=520ドル。

ということは2週間で1040ドル(約8万8千円)くらいになります。1ヶ月では2080ドル、約17万6千円の収入ですね。

 

 

日本円に換算してしまうとやや少なめに感じますが、カナダドルでできることを考えると結構幅広いです。

 

 

例えば、人気のティム・ホートンズのコーヒーは量が多くても2ドルしないし、40ドルで素敵なレストランで美味しいロブスターが食べられたり、バスで行くニューヨーク2泊3日のツアーは200カナダドルくらいから参加できるし、家賃・光熱費・水道代・Wi-Fi料金全部込で家賃は月に500ドルくらいだったり。

 

 

※実際には税金(タックス)が引かれるので、単純計算よりは低い金額が手取りとなります。でも払い過ぎた分は後でタックスリターンの手続きで戻ってきます。

 

※また、チップのもらえる仕事ならそれによって収入も変わってきます(そのお店にもよるし、その日のお客さんの入り具合にもよりますが、雀の涙ほどだったり、チップだけで生活できるくらいだったりとまちまちだそう)。

 

 

 

稼ぐためのアクション

 

たまたま雇ってもらえたフードコート内の店舗で週6日9時間労働することになり月に3000ドル稼いていたという猛者もいました。

 

が、皆が皆、最初から当たりな職場でラッキーというわけではなく、試行錯誤していました。例えば以下の方法です。

 

掛け持ち

 

ディッシュウォッシャーとして働き出したものの思うようにシフトに入れなかった友達は、ファーストフード店でのバイトも始めて掛け持ちしながら稼いでいました。

 

時給交渉

 

忙しい現場で上司に認められ、系列店舗を掛け持ちしたり新人研修も任されることになった人がいましたが、そこで「新人研修を請け負う分、時給を上げてほしい」と交渉し、最低賃金より高い時給で働くことに成功していました

 

オーナーは中国人だったそうですが、カナダでは上司と部下は(日本のように)絶対的な主従関係ではないので、こういうこともあるんだそう。

 

 

e-Maple活用

 

e-Maple はカナダ在住日本人向け掲示板なのですが、かなり活発に多くの人に使われていて、いろいろなおいしい情報の宝庫となっています。

 

中でも日本人も多く住んでいるトロントでは短期バイトや単発バイトが見つかることもあります。一回○○ドルで買い物を手伝ってほしい、今日一日だけ○○ドルで店番をしてほしい、などのレアな案件も。

 

不用品を売ってお金に変えることもできるので、ぜひ。(私は使わなくなった自転車やバスパスなどを売りました)

 

 

 

フルタイムで半年くらい働いた私の場合

 

 

私はトロントでまさに一日8時間を週5日、という感じで働いていて、だいたい2週間で平均900ドル(手取り)くらいはもらっていました。

 

 

その当時はブログに書くことを想定していなくて、給料明細を捨ててしまったのが悔やまれます。まだ2018年のT4(源泉徴収票)ももらっていないので、収入の総額もわからず…。

 

ただ、2週間分のお給料でだいたい1ヶ月生活できていた(家賃一ヶ月分500ドルくらい+バスパス代一ヶ月150ドルくらい+食費と雑費で200ドル)ということは覚えています。で、残った分はそのまま口座に置いておいたり、使ったりしてました。

 

 

 

カナダで稼いだお金で贅沢できたこと

 

以下にまとめてみました。

 

 

  • 途中で日本への一時帰国(往復航空券代も2週間の滞在費も。約2500ドル)
  • ハワイ旅行2泊3日〜日本帰国のフライト代(約1500ドル)
  • モントリオール・オタワ・ケベック旅行2泊3日(約450ドル)
  • ワンダーランド観光・パイオニアビレッジ観光(計150ドルくらい)
  • CNタワーのエッジウォーク(約200ドル)
  • ローカルレストランでの外食(約40ドル✕5回くらい=約200ドル)
  • 服・鞄・財布・時計の購入(それぞれ100ドル超え=約450ドル)

 

 

総額にして約5140ドル(約41万円)。

思ったより使っててびっくりしました(笑)

 

 

でも“行きたかった場所に行く・興味のあることをやってみる”というのがほぼ全部叶って大満足でした。

 

 

そしてそれでも帰国時に手元に約3000ドル(約24万円)残っていました

なので、約700ドルはカナダドルのままキープして、アメリカドルに1000ドル・日本円に1500ドルくらい換金しました。

 

 

もっと稼げる国・地域・仕事もたくさんあるとは思いますが、トロントワーホリではこんな例もあるという参考になればと思います。

 

 

 

まとめ

 

  • 時給で計算されるのでたくさんシフトに入れればその分稼げる
  • 稼ぐためにいろいろやってみるのが吉
  • 稼いだお金でいろいろできることがある

 

ワーホリ初期、働いていないときは本当にお金がごっそりなくなっていって、翌月生活していけるかどうかもすごく不安でいました。

 

でも働き出したらお金が集まるのは早くて(時給が良い+2週間に一度のお給料制度のおかげ)、最後にはすごく自由にお金を使いながら生活していました。これはワーホリ当初、想像もしていなかったです。

 

それに、カナダではオンとオフの時間はきっちり分けられていて(出勤も退勤もシフトに書いてあるその時間きっかりでオッケーで日本のように15分前出勤・残業なんて普通ない、という文化)、さらに勤務時間中も良い意味で精神的にゆったりと働けていたので、日本にいたときと同じ労働時間だとしても気持ちがまったく違いました

 

仕事と環境に慣れたら時間が経つのもあっという間に感じていて、それなのにこんなにもらっていいんだ、とよく思っていました。これも海外ワーホリでないと得難い経験でした。

 

記事を読んでくださった皆さんも、ワーホリで稼いでいろんな体験ができますように。

 

 


スカイスキャナーで航空券比較検索

エクスペディアで航空券+ホテル検索